【車椅子基礎知識】車椅子の種類は大きく分けて4種!その違いを簡単に解説

スポンサーリンク

どーもー!マックスです!本記事では車椅子の基礎知識として、車椅子の種類について解説します。

これから車椅子について学びたい!

家族が車椅子を使用するので、どんな車椅子があるのか知りたい。

上記のような方が分かるように解説していきたいと思います。本記事を一読頂くと車椅子にはどんな種類があるかが分かり、車椅子を選ぶ際の基礎知識を身に着けて頂くことができます。

これから車椅子の各部名称が出てきますので、予め図にて各部名称を示します。

※車椅子メーカーや文献によって多少名称が異なりますが、ここでは図の名称で統一させます。車椅子メーカーのサイトや文献を確認される場合は、そこでの名称にご注意ください。

スポンサーリンク

車椅子の種類

車椅子は大きく分けて手動式と電動式があります。

手動式車椅子はさらに下記2つに分かれています。

介助式車椅子:介助する方が車椅子を押して操作する

自走式車椅子:車椅子に乗りながらご自身で操作することができる

電動式車椅子も主に下記2つに分かれています。

シニアカー:前方にハンドルがついていて、ハンドルを使って操作する

電動車いす:肘掛けにスティックがついていて、スティックを使って操作する

それぞれの違いを下記に解説します。

手動式車椅子

手動式車椅子はその名の通り、人の力で車椅子を操作します。ほとんどが折りたたみできる仕様になっています。

自走式車椅子

自走式車椅子は後ろタイヤのサイズが18インチ以上のもので、後ろタイヤにハンドリムという手で車椅子を漕ぐ輪っかが付いています。このハンドリムを漕ぐことで車椅子に乗っている方ご自身で車椅子を操作できます。

昔の自走式車椅子は手押しハンドル(介助者が車椅子を操作する時のハンドル)が付いていなかったため、自分で操作することしかできませんでした。今の自走式車椅子は介助者も操作するができるよう、手押しハンドルと介助ブレーキ付きのものが主流です。

その為、介助式車椅子としても使用することができ、自走兼介助式車椅子と呼ばれることがあります。

介助式車椅子よりもタイヤが大きい分、凸凹道を安定して走行することができたり、段差の乗り越えが楽にできるというメリットがあります。

そのため、自分では車椅子操作ができない方でも、家の前が凸凹道だから介助式ではなく自走式車椅子を選定する方もいます。(介助する方も操作しやすくなります)

また、専門の介護職員の方は車椅子に人が乗っている状態で階段の昇降を行います。この階段の昇り降りをする場合、車椅子の後ろタイヤを使って階段を1段1段上り下りするため、介助式車椅子よりも後ろタイヤの大きい自走式車椅子の方がやりやすいです。この階段昇降方法をプロの方は簡単にされますが、素人の方が車椅子で階段昇降すると必ず体を痛められますのでお気を付け下さい。僕は介護のプロではないので、一度チャレンジしてかなり体を痛めました(笑)

介助式車椅子

介助式車椅子は後ろタイヤサイズが18インチ未満のもので、車椅子に乗っている方ご自身ではなく、誰かに車椅子を押してもらうことで移動することを前提としています。

同機能の自走式車椅子に比べ手で漕ぐハンドリムがない分、車椅子の幅がコンパクトです。そのため、収納しやすかったり、家の中など狭い場所で使用する場合に自走式よりも操作がしやすいです。また、タイヤが小さい分、自走式車椅子よりも軽量になり、車に乗せるなど持ち上げる時は楽になります。

電動式車椅子

電動式車椅子は電動モーターを原動力とし操作します。スティックや手元のアクセルを握ることで動かすことができます。電動車椅子は道路交通法では歩行者扱いとなるため、免許証などなくても操作することができます。

腕の力がない方や、介助者の助けがない場合、坂道の疲れもなく、自分の意志で自由に移動できるのが大きなメリットです。重量が重いことや価格が高価なこと、操作中の事故には注意が必要です。

シニアカー

シニアカーは原付バイクのような形で、操作はハンドルを用います。基本的にはハンドルにアクセルレバーが付いており、レバーを握ると加速し離すと停止します。前進と後進はハンドルに付いているスイッチで切り替えし、左右の方向転換はハンドルで操作します。

1回の充電で連続の走行距離が長く、パワーもあることが特徴です。車体寸法が大きいことと、重量が重いことには注意が必要です。

一人で長距離の移動したいが、移動手段がないといった方におすすめです。

また、走行する道に下り坂が多い場合、電動車椅子よりも前にハンドルがあるシニアカーの方が前からの転落防止になり、安心して走行できます。

電動車椅子

電動車椅子はスティック(ジョイスティックと呼ばれる)を前後左右に倒すことで、スティックを倒した方向に進行します。ゲームセンターのUFOキャッチャーのスティックをイメージして頂ければと思います。

大きさは手動式車椅子に近く、小回りがいいことが特徴です。分解できたりするものもあり、最近ではデザイン性のいい電動車椅子もあります。シニアカーに比べ連続走行時間が短いことやパワーが劣ることに注意が必要です。(最近は連続走行時間が長いものも出ています。)また、小回りがいいですが、スティックの感度がよく、少しスティックを傾けただけでも動くので人によっては操作が難しいと感じる場合もあります。

車で持ち運んだり、施設やオフィス等の室内で使用する方、片麻痺の方におすすめです。

その他電動式車椅子

簡易型電動車いす

手動車椅子のフレームにモーター付きの後輪タイヤと操作するスティックを取り付けたタイプです。これらを組み込まれた状態で販売されているものや、パーツが販売されていて、お持ちの車椅子に取り付けて使用するパターンがあります。

メリットは折りたたんで持ち運ぶことができたり、電動車椅子に比べ軽量であることです。コンパクトな分、バッテリーが少なく連続走行可能時間が短いことやパワーが電動車椅子よりも劣ることに注意が必要です。

安価で気軽に使いたい場合や、移動先での短距離移動を目的とする方におすすめです。

電動アシスト車椅子

介助式電動車椅子と呼ばれることもあり、介助者の方が車椅子を操作するときに、少しの力でも操作できるよう電動でサポートします。電動自転車のようなイメージです。

上り坂のように介助者が操作する手押しハンドルに負荷がかかった場合は加速し、下り坂では減速するようになっています。走行する道に坂が多い場合、介助者の方の負担を大きく軽減することが可能です。介助者の方からの満足度は高い商品です。

介助者が外での車椅子操作に負担を感じられている場合におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

車椅子基礎知識として車椅子の種類を解説しました。基本的な内容になりましたので、その他基礎知識として「【車椅子基礎知識】使う前、買う前に確認!車椅子の各部機能を解説」や「【車椅子基礎知識】車椅子の使い方と絶対に気をつけるべき注意点11選!」も合わせてご覧ください。

このブログを参考に少しでもだれかの生活に笑顔が増えると嬉しいです。読んでくれてありがとうございました。

マックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました