【車椅子基礎知識】使う前、買う前に確認!車椅子の各部機能を解説

車椅子
スポンサーリンク

どーもー!マックスです!今回は車椅子基礎知識である車椅子の各部機能について解説します。

今使ってる車いすの使い勝手がよくない。他の車いすは使いやすいような機能があるの?

これから車いすを買って使おうと思うのだけど、どんな機能が付いているといいの?

本記事では上記のようなお悩みが解決できます。車いすを購入する場合、どんな機能が付いているといいのか分からなかったり、すでにお持ちの車いすでも便利な機能を活用できていないケースを見受けられます。車いすの各部機能を理解してご使用されると、今よりももっと便利に活用できるかと思います。すでに車いすを使用されている方も、これから使用される方も、ぜひ最後まで一読頂けると幸いです。

車椅子基礎知識はいくつかの記事に分けて解説していますので、よろしければ他の記事もご覧ください。「車椅子基礎知識〜車椅子の種類〜」「車椅子基礎知識〜車椅子の使い方・注意点〜

スポンサーリンク

車いす各種機能

車いすを購入する際も、レンタルする際も、機能が多ければ多いだけ価格が上がり、重さも増します。その為、本当に必要な機能かどうかを判断する必要があります。使用用途も合わせて解説しますので参考にしてみてください。

これから車いすの各部名称が出てきますが、予め図にて各部名称を示します。本グログでは下記で統一しています。

※車椅子メーカーや文献によって多少名称が異なります。他のサイトを確認される場合は、そこでの名称にご注意ください。

肘掛け跳ね上げ

業界では略して「跳ね上げ」と呼ばれることもありますが、 肘掛けが跳ね上げできる機能です。主にご自身で車椅子に乗り移りできない方、介助が必須の方は「跳ね上げ」機能付きがおすすめです。

車いすによっては「跳ね上げ」ではなく「着脱式」のものもあります。「着脱式」はレバーを解除すると肘掛けが取り外しできます。「跳ね上げ」も「着脱式」も基本的に使用用途は同じです。

「跳ね上げ」機能がない車いすは、車いす正面からのみの乗り降りとなりますが、「跳ね上げ」機能を使うと車いすの横からや斜めからも、乗り降りすることができます。

肘掛けが跳ね上げできると、介助される方がベッドに座った状態から、スライドするように横から車いすへ移乗させてあげることができ、介助する方の負担を大きく軽減できるのと、介助される方も安心できます。

スイングアウト

フットサポート(足を乗せて支えるところ全体)を開いたり、取り外しができる機能です。主にご自身で車いすに乗り移りできない方、介助が必須の方、足漕ぎで移動することがある方は「スイングアウト」機能付きがおすすめです。

使用用途としてはフットサポートを取り外しすることで、ベッドから車椅子に乗り移るときに、よりベッドと車椅子の距離を縮めることができます。また、介助者が抱きかかえて車いすに乗り移る際に介助される方の足が、フットサポートに当たってしまう事故も防ぐことができます。(移乗の際に起こりやすい事故です)

他にも家の中の廊下を直進して90℃曲がって部屋に入るといった場合、フットサポートが扉枠に衝突する危険があります。 フットサポートを取り外すことで車いすの全長が短くなり、狭い場所や家の中での操作がしやすくなります。車に乗せたりする時のスペースも省スペース化することができます。

また、車椅子に乗っている方がご自身の足で漕いで移動するケースもありますが、この場合フットサポートを取り外しすると足元にスペースができ、足漕ぎがしやすくなります。

※フットサポートを取り外して使用される際は、足が前輪キャスターに巻き込まれないよう十分ご注意ください。

「肘掛け跳ね上げ」と「スイングアウト」機能はセットになっていることが多いです。

肘掛け高さ調整

その名の通り肘掛け高さを調整することができる機能です。ご自身で座った姿勢を保つことが難しい方や、車いすにクッションを乗せて使用する方は「肘掛け高さ調整」機能付きがおすすめです。

元々の肘掛けの高さが合っていないケースもありますが、車いすにクッションを乗せて使用する場合、肘掛けが低くなってしまうことはかなり多いです。

肘掛けが低いと体が横に傾いてしまったり、ご自身で姿勢保持が難しい方は、姿勢崩れの原因にもなります。逆に肘掛けが高すぎると肘を乗せた時に肩が上がってしまい、肩こりの原因や乗り心地が悪く感じられます。肘掛けの適正高さは、肘を乗せた時に肘が90°になる高さ、もしくはそこから+3cm程度の高さが適正と言われています。+3cmはお好みで調整してください。

その他車いすの適正寸法は「車椅子の選定」で詳しく解説していますので、必要な方は合わせてご確認ください。

モジュール

車いすの幅や座高などを調整することができる機能です。ある程度適正の寸法で車いすを使用したい方や、標準の車いすでは体格が合わない方は「モジュール」車いすがおすすめです。

※幅のみ変えることができるなど、変更できる箇所や変更できるサイズ範囲も機種によって異なるのでご注意ください。

車椅子は標準寸法で作られていることが多く、標準よりも体格が大柄な方や、小柄な方には適合しないことが多いです。近年では大柄な方や小柄な方向けの車椅子も増えましたが、モジュール車椅子で適正なサイズに調整することもあります。

車いすはオーダーメイドで作ることができますが、オーダーメイドでは購入金額が高額になります。モジュールはオーダーメイドと違い、その方にぴったりのサイズではないこともありますが、オーダーよりも安価で購入でき、幅や高さなどを変更することができます。

各部適正な車椅子寸法は別記事「車椅子の選定」を参照ください。

背張り調整

車椅子の背もたれがベルト式になっており、背中の張りを調整できる機能です。腰痛持ちの方や、円背の方は「背張り調整」機能付きがおすすめです。

車いすの背もたれに付いているベルトをぐっと強く締めると背もたれがピンっと張ります。逆にベルトを緩めるとゆったりとした背もたれになります。ほとんどの背張りベルトは上下数段階に分かれています。

使用用途として、腰痛持ちの方は腰の部分のベルトを強く締めることで、骨盤が立って腰痛を緩和しながら車椅子に乗ることができます。また、円背の方は曲がっている背中の部分のみベルトを緩めて、その上下のベルトを強く締めてあげることで、曲がっている背中の部分だけがベルトを緩めた背もたれ部分にすっぽり入り、背もたれが背中全体を支えることができます。これを「円背ポケット」と呼びます。背中に骨の突出や変形がある方も同様に調整することで、楽に背もたれを活用できます。

フットサポート長さ調整

フットサポート(足を乗せて支えるところ全体)の長さを調整することができる機能です。この機能は多くの車椅子に付属されており、車いすを使用されるすべての方に「フットサポート長さ調整」機能付きをおすすめします。

※機種によって調整の仕方が異なりますので、調整方法はお使いの車椅子の取扱説明書をご確認ください。

フットサポートが長すぎるとフットプレート(足を乗せる板)に足が届かず、前ずれの原因になります。反対にフットサポートが短すぎると太ももが浮き、お尻のみで体重を支えることになり、お尻に痛みが発生して段々姿勢が悪くなったり、ひどい場合には床ずれの危険もあります。適正なフットサポートの長さは太ももが軽く座シートに着く長さで調整するようにしてください。

段差などでフットサポートが引っかかることを予防するために、フットサポートは床から5cm以上空ける必要があります。

ティルト・リクライニング

「ティルト」機能は背もたれと座面が同時に後ろへ倒すことができる機能です。「リクライニング」機能は背もたれのみ後ろへ倒すことができる機能です。

両方の機能を持つ車椅子を「ティルトリクライニング車椅子」といい、「リクライニング」機能のみの「リクライニング車椅子」もあります。ご自身で姿勢を保つことが難しい方や、車いす上の時間が長い方に「ティルトリクライニング」車いすがおすすめです。

リクライニング機能は、障害などによって姿勢変換が必要な方、筋力低下で頭や体全体が支えられない方、等の姿勢変換や姿勢を保つために用いられます。

昔、介護施設や病院で寝たきりの方が多く、寝たきり予防としてリクライニング機能が開発されました。しかし、リクライニングを使っていると背もたれが斜めになっているので、姿勢保持できない方は段々体が下にずれ落ちてきます。このずれ落ち予防としてヒモで体が車いすに縛られていました。この行為は拘束だと問題視され、解決の為に開発されたのがティルト機能だと言われています。


ティルト機能は座面も背もたれと一緒に倒れることで、お尻が前にずれるのを防止しながら体勢を変えることができます。また、ずっと車椅子に座っているとお尻と太ももに負担が掛かりますが、「ティルト」機能を活用することで体重の負荷を背中や腰にも分散させることができます。これによりずっと座っていると生じるお尻の痛みを防止したり、床ずれのリスクを軽減することもできます。

エレベーティング

フットサポート(足を乗せて支えるところ全体)の角度が調整できます。足が拘縮している方や、リクライング車いすでより楽な姿勢を保ちたい方は「エレベーティング」機能付きがおすすめです。

足が拘縮してしっかりフットプレート(足を乗せる板)に足が乗せれない方や、リクライニング(背もたれを後ろに倒すことができる)機能を使用するときに足を真っ直ぐ伸ばしたい場合に用いられます。 

スイングアウト(フットサポートの取り外し)機能付きの車いすの場合、後付で取り付け可能な場合もあります。できないこともありますので、すでに持っている車いすに後付けされる場合は適合するか十分ご注意ください。

リクライニング車いすと合わせることで、車いすをフラット状態にできることもあります。その場合、車いす上で寝ることができたり、ベッドから横になった状態で車いすへ移乗することが可能です。病院で用いられるストレッチャーと似たような活用ができます。

6輪車いす

4輪車いすは前輪キャスターと後ろタイヤのそれぞれ左右2輪を合わせた4輪構成になっています。6輪車いすはこれに加えて後ろタイヤの更に後ろにキャスターが左右2輪付いた6輪構成になっています。家の中でのみ車いすを使用する方は「6輪車いす」がおすすめです。


6輪車いすは後輪キャスターが付くことで安定感が増すため後ろタイヤの位置が4輪車いすに比べ前側に構成されています。車いすは後ろタイヤを起点として回転するため、車いす全体の中央に後ろタイヤが付いている6輪車いすは回転スペースが小さくなり、4輪車いすよりも小回りが効きます

上記で比較している車いすは同じサイズです。図でもイメージが中々つかない場合は小回りが良いということを覚えて頂ければと思います。

6輪車いすにはデメリットもあります。段差の乗り越えがほぼできないことです。4輪車いすは段差を乗り越える際、前輪キャスターを浮かせて先に前輪キャスターを段差に乗せます。

しかし6輪車いすは後輪キャスターがあることで前輪キャスターを大きく浮かせることができない為、(若干浮かせられるようになっていますが)大きな段差を越えることができません。また、溝などに前輪キャスターが挟み込まれないよう気をつけなければいけませんが、6輪車いすは後輪キャスターも挟み込まれないよう配慮しなければいけません。

上記のメリット・デメリットから、6輪車いすは大きな段差のない屋内では小回り抜群で使い勝手が良いですが、段差の乗り越えができないことやキャスターの配慮が必要な為、屋外での使用には不向きです。

その他

ここまで一般的な車いすの機能をご紹介しました。現在は変わった車いすの機能も登場しており、その中でも特化した便利な機能のものをいくつか次にご紹介します。

ワンハンドブレーキ

パーキングブレーキは左右で独立しており、それぞれ両方のブレーキをかける必要がありますが、左右どちらかのパーキングブレーキをかけることで、両方のパーキングブレーキがかかる「ワンハンドブレーキ」機能というものがあります。

片麻痺の方や、片側の力が入り辛い方、狭いスペースで介助者が片側しかパーキングブレーキをかけれない、といった場合に「ワンハンドブレーキ」機能付きがおすすめです。

ワンハンドブレーキ機能付きのおすすめ車いすを別記事で紹介していますので、よろしければ合わせてご確認ください。「【おすすめ車いす】軽量でコンパクトな車いすといえばこれ!厳選3種をご紹介

ノンバックブレーキ

パーキングブレーキをかけ忘れた場合でも、車椅子に乗っている方が立つと自動で車いすが後ろへ動かないブレーキがかかる機能です。パーキングブレーキのかけ忘れが多い方は「ノンバックブレーキ」機能付きがおすすめです。

座面に体重がかかるとブレーキが解除される仕様になっており、ヒヤリハットで多いパーキングブレーキのかけ忘れによる転倒事故を防ぐことができます。 ノンバックブレーキの為、座面に体重がかかっていない状態でも前には動きます。人が乗っていない車いすを運ぶときは、後方へは動きませんので、前方へ動かします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は車いすの各部機能について解説しました。車いすをレンタルされる場合は、現状必要な機能のみを選び、購入される場合はある程度将来性を見込んだ選定がよいかと思います。

機能の少ない標準車いすは安価ですが、様々な機能付きの車いすを活用することで、快適に車いすへ乗ることができたり、介助者の方の負担も軽減できます。

このブログを参考に少しでもだれかの生活に笑顔が増えると嬉しいです。読んでくれてありがとうございました。



マックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました